好みのリーディングで本の保管地方を漁る日毎。

昔から、割と本読み(と言うか活字?)が好きですが、大人になってから自分で収入を稼ぐようになってからは、
ほしい読物をとりどり支払えるようになりうれしい反面、その保護場所に段々弱るようになってきました。
昔は、塾や公共の書屋を利用していたので、それほど読物が広がることはなかったので、やむを得ず持ち合わせる
本棚でさまざま間に合っていましたが、今はうちにどれだけ残るんだろう??数えたことはありませんが、コミックやその他文庫本などを
あわせたら1,000冊以上はあるかもしれません。
読物を貰う時折、とりわけ興味深いかどうにかわからないので、何とかよむ作家の場合には、きっちり古本を買っていらっしゃる。
気に入れば、その作家くんの出した作品を一部始終読まないと気が済まないので、作家くんによっては、何十冊も買うことに
なります。そういった時には、だいたい古本でそろえているので、それほどの支払にはなりません。
ただし、保護ポジショニングが参るんですよね…。
本来、自分の客間のウォールにズラッと並べたい位置なのですが、私の客間には塀が無い!!
窓や客間の最初などで、部分一部始終塀、という箇所がないのです。
しかたなく、あちこちに小さめの本棚や保護棚などを置いて、そこに収納していますが、やがて、そちらも一杯になりそう…。
かく上るのちは、男の書斎に…とも思っていますが、そこにももう私の読物が200冊以上はあるので、次はどこに置けばいいんだか。
ボクは読物を買うと、その1冊を何回も読み直すので、見限るというレンジはないし。
次は、どこに読物を置こうかと苦しむ日々は続きます。